Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨季、乾季とか考えてタイに行くのにはいつがベストシーズン

タイの気候は、2月中旬~5月が暑季(夏季)、5月中旬~10月が雨季、そして10月~2月中旬までが乾季(寒季)と、3つにわけられます。
タイ旅行のベストシーズンは10月~2月の乾季(寒季)だと思います。

寒季といっても、タイは年間を通して平均気温は27度~28度です。
26度を下回ることはありませんので・・・「寒い」季節と勘違いしないでくださいね。

●2月中旬~5月・・・暑季
熱帯性のタイのなかでも、最も暑い季節です。
日によっては40度を超えることもあり・・・しかも雨がさほど降らないことから、ほこりっぽいともいえます。
旅行には最悪の季節といえるかもしれません! でも・・・タイが最もタイらしい姿を見せてくれる季節ともいえます。タイを一番感じられる季節ですね。

身体の声に耳を傾けながら、無理のないスケジュールを立てましょう。
日射病防止に帽子とサングラス、日焼け止めは忘れずに!
忘れたら悲劇ですよ♪

●5月中旬~10月・・・雨季
モンスーンの到来と共に、タイでは雨季の始まりです。
一日中雨が降り続き、ときどき本降りになるなど・・・日本の梅雨に似ていないこともありません。

ただ、雨季の半ばになると激しいスコールに見舞われることがあります。
それは想像に絶する激しさで、まさにバケツをひっくり返したようです。

雷鳴を伴うこともあり、傘もレインコートも役に立ちません。
スコールに対しては、抵抗せず?おとなしく室内にいましょう。
1時間ほどですぐやみます。ゆっくりホテルのロビーやレストランなどで過ごしてみてはいかがですか。

●10月~2月・・・乾季
旅のベストシーズンです。
日中は日本の真夏程度の気温ですが、朝夕はほどよい涼しさです。
日本の初秋を感じさせます。
北部を訪れる人は、長袖で厚手のシャツを1枚用意しておくといいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

タイでのトイレ事情

東南アジアを旅していて本当に悲しいほど・・・困るのが、トイレです。
わたしの知人でもトイレが困るので東南アジアに旅行に行かないって方がいるほどです。

これほど世界各国から観光客が訪れているバンコクでさえ、私たちが日ごろ見慣れているトイレと出会えるのは、ホテルか「高級」レストラン、外国人観光客向けのショッピングセンターのみと考えたほうがよさそうです。
では、他は?・・・・そうもちろん「タイ式トイレ」です。

タイ式トイレは、日本の「和式トイレ」に似ているのですが、向きが逆です。
つまり、ドアから入ったらくるりと向きを変え、穴の空いているほうを後ろにしてしゃがみます。
トイレットペーパーはありません。
脇に水の入ったバケツがおいてあるので、これで排泄物を流します。
で、その水でお尻も洗います・・・慣れないとかなりつらいものがありますし・・・なかなか慣れない! のです。

また、タイのトイレでは紙を流すとつまってしまうので、紙はゴミ箱のようなものが近くにありますからそこに捨てます。
(ただ、トイレットペーパーは中に置いてはありませんから、入り口で買うことになります。


街中では、まずこのタイ式トイレを使うしかありません! それがどうしてもダメという人は、ホテルを出るときやレストランに入ったときに必ず済ましておきましょう。
また、観光ポイントではもちろんタイ式トイレが圧倒的ですが、それでもあればいいほうで、ないということもあります。

ちなみに、タイ語で「トイレはどこですか?」は「ホーンナーム ユー ティナイ」です。
何よりもまず第一に覚えるべき言葉かもしれません。(笑)

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

仏教の影響を受けているタイ

仏教徒が国民の94%を占めるタイは、基本的に一年中「真夏」の熱帯です。
Tシャツにリゾートサンダルといった格好がいちばん楽なのですが・・・しかし、タイは敬虔な仏教徒の国であるため、このような格好では、寺院の拝観の際に入場を拒否されることが決して少なくありません。


身軽で涼しく・・・かつ、それでいて相手の方に不快感を与えない服装とは、どういうものか?
やはり、ちょっとした長袖は必要だと思います。
実際、直射日光を避けるためにも長袖のシャツを着たほうがかえって涼しいこともあります。
また、エアコンの効いたレストランなどでは、冷蔵庫のように寒いですので、上に羽織れるものはやはりあったほうがいいでしょうね。

敬虔な仏教徒が多いタイのなかでも、タイの年中行事のなかにも、仏教と深く結びついているものが多いです。


簡単ですが、ちょっと年中行事についてお伝えします。

●マカブーチャ(2月満月の日)
釈迦の説教を聴くために1250人の使途が一堂に集まったことを記念する日です。
食物の施し、鳥や魚の解放を行います。
全国の仏教寺院で美しい提灯巡行があります。

●ヴィサカブーチャ(5月の満月の日)
仏教の祝日のなかで最も神聖な日です。
釈迦の誕生、悟り、死を表します。
儀式などは2月の満月の日であるマカブーチャと同じです。

●ワン・カオパンサー(7月23日)とワン・オークパンサー(10月中旬)
ワン・カオパンサーは「入安居」、ワン・オークパンサーは「出安居」です。

ワン・カオパンサーから雨季明けまでの約3ヶ月、僧侶は寺にこもって修行をします。
この安居の修行に入る初日をカオパンサーといい、祝日となります。

この日はお店でお酒を飲むことは禁止です! バーもクラブも・・・お酒を置いている店はすべて休業となりますので、お酒好きの人はカオパンサーは要注意です!

一方、雨季が陰暦の11月の満月の日に明けるといわれ、僧侶も外出できるようになります。
この日がオークパンサーです。

全国でトートカチン(僧衣贈呈式)の行事が行われ、信者はボートやバス、トラックに乗って、太鼓や鐘を鳴らして歌を歌いながら、めざす寺へ行列をつくって向かいます。

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

タイ旅行で必要な生活習慣と基本のマナー

タイ旅行を決めたら、タイの土地について基本的な知識や生活習慣についてもきちんと踏まえておきたいものです。郷に入れば郷に従えです。

特に海外旅行などでは、気候の差や風習、マナーなど、情報不足や誤った情報が事故を招いたり、現地の人とのトラブルへと発展することがあります。
事前に知ってさえいれば防げるトラブルが多いのです。というより絶対してはいけないことがあります。

たとえば、タイでは、かわいい子どもを見ても・・・よしよしと頭を撫でたりすることはご法度です。
タイでは、人の頭は神聖なものなのです。人の頭に触れたり、頭越しに何かを手渡すようなまねをしてはいけません。

また、左手や足の裏は不浄です。左手でものを渡すのはご法度。私もよくやりそうになりますがこれはだめです。特に私のような左利きの方は無意識にやってしまうので注意してくださいね。
足でものを指し示す、ましてや足をタイ人に向けて寝転ぶなど・・・許されません。

そしてタイ人は普通、握手をしません。
あいさつはお祈りをするように両手を胸の前で合わせて軽くお辞儀をします。
といってもビジネスシーンではもちろんしますけどね。

女性にとっては理不尽に思えることもあるかもしれませんが、タイの仏教は女性に対して特に厳しいです。
女性が僧侶に触れることは許されません。
列車でもバスでも、飛行機でも、生活シーンのどこでも僧侶は女性の隣の席を避けます。
通路側もまず避けるでしょう。
これは女性に触れないように、という配慮からです。
列車では、通常、車内の一画が区切られていて僧侶用の席にあてられています。
バスでは最後部が僧侶用の座席です。

食事に関して、テーブル・マナーも周囲の人に不快な思いをさせないよう、基本的なことは押さえておきましょう。
タイ料理では、基本的にスプーンとフォークを用います。
利き手にスプーン、反対の手にフォークをもって食べます。
スプーンはナイフ代わりにも用います。
麺類は箸とれんげで食べます。
食器は手で持ちません、汁物もスプーンやれんげですくいます。

どうでしょうか?日本との生活習慣の違いをわかっていただけましたでしょうか。基本的にここに書かれていることに注意していただければ、トラブルになることは避けられますの。じっくり読んで理解してくださいね。

テーマ:タイ・パタヤ - ジャンル:旅行

タイ旅行で知っておきたい年中行事

今回は具体的にタイの年中行事についてお調べした結果をお伝えします。
外国を旅行中にその国の祝日やお祭りなどに遭遇すると、博物館や美術館などが休館になってしまったりと、マイナス面もあるのですが、普段の生活ではない現地の人たちの「非日常」を垣間見ることができるチャンスでもあります。


タイの国民の祝日や年中行事には次のようなものがあります。
仏教や、月の満ち欠け、季節の変化に関係しているものが多いですね。


タイの国民の祝日
1月1日   元日
2月満月の日   マカプーチャ
4月6日   チャクリの日
4月12~14日   ソンクランの日
5月5日   戴冠記念日
5月満月の日   ヴィサカブーチャ
7月満月の日   アサラハブーチャ
8月12日   女王陛下誕生日
10月23日   チェラロンコーン大王の日
12月5日   国王誕生日
12月10日   憲法記念日
12月31日   大晦日


●ソンクラーン(4月13~15日)
タイのバラモン陰暦の新年にあたります。
「水かけ祭り」とも呼ばれ、3日間続きます。
タイの若者たちは家族、友人同士で水をかけ合います。
道で人を見るとかけるということも!もともとは来るべき耕作期に十分な雨の恵みを受けられることを願って行われるものなので・・・水をかけられても怒ってはいけません!

●ローイ・カトン(11月の満月の夜)
ローイ・カトン(灯篭流し)は、陰暦12月の満月の夜に、川や池にバナナの葉や紙で蓮の花や船などの形のカトン(灯篭)を作り、ろうそくや線香を立てて、なかにコインを入れて流します。
この日は、各所で花火が打ち上げられ、チャオプラヤー川沿岸やルンピニー公園の池では灯篭を流す多くの人たちの姿を見ることができます。

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。