Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの代表的料理、トムヤン・クンなどのご紹介

タイ料理というとみなさんは何を浮かべるでしょう。
タイ料理というと「辛い!」と考える人が多いかもしれませんね。

確かにタイ料理の基本は唐辛子ですから辛い料理が多いのは事実です。
辛いのが苦手な方は汗は吹き出る、味はわからないってことになってしまうと思います。

ゲーン・キャアウ・ワーンというのは、そのまま直訳すると「甘い緑色のスープ」です。
ココナツミルクをベースにしたタイ式カレーです。
名前だけ見ると甘い緑の?甘い????

これが・・・実はものすごく辛いのです
全然平気!という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・♪


タイ料理のなかでもことに代表的に有名なのが、トムヤム・クンですね。

トムヤムとは、レモングラスというハーブの一種をベースにした、すっぱくて辛いタイ式スープ全般に用いられる名前です。
トムとは煮る、ヤムとはサラダのように和えるということを意味します。
トムヤムは色々混ぜて煮たということです。

これにそれぞれの材料の名前をつけて・・・クンはエビなので、エビの入ったすっぱくて辛いスープ「トムヤム・クン」です。

魚をメインにすれば「トムヤム・プラー」です。
「プラー」とは魚を意味します。

鶏肉をメインにすれば「トムヤム・ガイ」です。
ガイは鶏肉を意味します。

和え物のサラダ「ヤム」は、イカやエビなどの魚介類を和えたものや、牛肉を入れたもの(「ヤム・ウンセン」)など、さまざまです。

さっぱりしているけれども激辛!なのが、春雨サラダの「ヤム・ウンセン」です。
青いパパイヤを千切りにして和えた辛口サラダの「ソム・タム」は是非、試してみたい一品です。


ところで、タイはコショウが世界的に有名です。
バンコクでコショウを買うなら、タイラート(市場)でキロ単位で購入してみてはどうでしょう?ちょっと変わったお土産になりますよ。

プリック・タイ・オーンは「生コショウ」です。
これをイノブタの肉「ムー・パー」と炒めた「ムー・パー・プリック・タイ・オーン」は、タイ料理の醍醐味を味わえる一品といわれます。

今度は、一度タイ料理をご家庭で作ってみても面白いのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

タイで味わいたい、トムヤンプー、トムヤンクン、トムヤム・タレー、

タイで味わいタイ料理も色々あるのですが、特にスープ類は有名ですよね。

タイ料理のあの唐辛子の辛さとライムの酸味は、タイの酷暑のなかで食べてこそ、喉を鳴らすほどおいしく感じられます。
香草パクチーの香りとナンプラーの風味は、独特のタイのうま味となって暑さ乗り切るエネルギーとなり、旅行中に夏バテすることを防いでくれます。

タイ料理と聞いてまず思い浮かべるのは?「トムヤムクン」かもしれませんね。
世界三大スープに数えられる、タイ料理の代表格です。


トムヤムクンは、唐辛子を効かせた酸味のあるスープです。
「クン」とは、エビのこと。
トムは、タイ語で「ゆでる、煮る」の意味で、「トムヤム」は「酸味のある辛いスープ」です。
タイを訪れたら、時間の許す限り市場やスーパーをぜひ、のぞいてみてください。
日本ではみたこともないような野菜や果物、それに香辛料などを手に入れることができます。

たとえば、トムヤムクンやタイカレーの素などがあります。
まさに「トムヤムの素」というものが売っています。
この素にエビ「クン」を加えれば、「トムヤムクン」です。

クンつまりエビの代わりに、蟹を加えれば「トムヤム・プー」(蟹に辛い酸味のあるスープ)です。
そして、エビや蟹など、いろいろな海鮮材料をふんだんに入れたのが、「トムヤム・タレー」です。
味付けは、同じトムヤムの素を使えばいのです。

また、トムヤムクンとほとんど同じ材料なのですが、鶏肉を入れてココナッツミルクで煮込んだスープは「トムカーガイ」です。
ココナッツミルクが南国ならではの風味を出してくれます。
鶏肉が「ヌアガイ」というところから来ています。

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

タイ旅行で味わうマンゴー、ドリアン、マンゴスティン、パパイヤ

食事に関しては、屋台をおすすめと以前お伝えしました。そして、食事前、食事中
、食後そしておやつにとタイでよく食べられる豊富な果物。

タイはいつ訪れても色鮮やかで、香り豊かな果物を楽しむことができます。

バナナ、ココナッツ、パパイヤは一年中食べることができます。
マンゴーは3~6月、パイナップルは4~6月です。
そしてタイでぜひ食べていただきたいドリアン、マンゴスティン、ランブータンは、5~8、9月まで食べることができます。

ちょうど雨季の時期なので、観光には大変ですが・・・スコールが降るなか、外を出歩くこともできないときには、部屋のなかでおいしいフルーツを食すのもまた、いいかもしれませんね。


それでは、簡単に特色などをお伝えします。

☆ドリアン
果物の王様です。
粘りと甘みがあり、その強烈な香りは王の地位を他に譲らない風格があります。
お店で(そっと)指で押してみて、柔らかく熟しているものがお勧めです。
ドリアンはアルコールといっしょに食べると胃のなかで強烈に膨れるので、絶対にいっしょに食べないでくださいね。

☆マンゴスティン
両手でもってぐるっとひねってください。
外皮を割ると、中から白い果肉が現れます。
甘酸っぱい味です。
王がドリアンに対し、マンゴスティンは「果物の女王」といわれています。

☆ランブータン
堅いとげとげの皮に覆われています。
皮をむくと中から半透明の果肉が出てきます。

☆マンゴー
なぜか、熟していない青い実を食べるのです。
熟したものはココナッツミルクとモチ米を添えたデザートとして人気があります。

☆パパイヤ
青いパパイヤは千切りにし、ソム・タムというサラダになります。
モチ米といっしょに食べます。
タイのパパイヤは巨大です。
生のままスライスにして冷やし、ライムを搾って食べるとおいしいですよ。

ねっ、おいしそうでよだれが出てくるでしょう♪

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

タイ旅行でぜひ味わいたい屋台でケーン、クイッティオ、バーミーとシンハビール

タイ料理はタイ旅行と切っても切れない関係ですよね。

タイは非常に物価が安いです。そのために日本ではなかなか値段が高すぎて食べられないような高級な素材でも比較的安い値段で味わうことができます。

また、パッケージ旅行では最終日などによくセットされているタイの民族舞踊を観ながら食事をすることができるお店もあります。

このようなお店は多少割高になりますが、よい思い出になるかもしれませんね。
その他、タイではぜひ、屋台に行くことをおすすめします。

一皿20B(バーツ)の料理が庶民の生活を支えています。

タイでは、バンコクにしろ、他の都市にしろ、肉屋、魚屋、八百屋といった食材のお店をほとんど見かけません。

タイの人たちは家庭で料理をしないのでしょうか? そう、タイは外食産業の国なのです。
実際、通りには屋台が溢れかえっています。

タイの人たちは、食事といえば屋台で済ますか、屋台で買ったものを自宅へ持ち帰るか、なのです。

タイの屋台料理は、その種類の多さも味も、決して高級レストランに劣らないものがあります。本当に美味しいです。

地元の方はよくご存知です。人気のある屋台には、食事時ともなれば長蛇の列ができますのですぐにそうとわかります。


タイはたとえ貧しい農村部においても、こと食に関してひもじい思いをしているという話はめったにきかないほど食料が豊富な国なのです。


昼は、ご飯に「ケーン」という、スープに近い汁状のカレーをかけて・・・あるいは、クエッティヤオという米から作った麺や、バーミーという日本でいうところの中華麺ですますのが一般的。

夜は、行きつけの食堂や屋台で地ビール「シンハ・ビール」・・・というのが定番です。


タイ旅行では、高級なレストランもいいですが、節約のため?にもぜひ、屋台で地元の方に混じって食べられることをおすすめしますね♪

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。