Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャオプラヤー川より北を望む

バンコクの南のクルンテープ橋から、チャオプラヤー川をチャオプラヤー・エクスプレス・ボートで北上していくと、観光名所である王宮やワット・プラ・ケオなどへと陸上の渋滞を尻目にゆっくりと進むことができます。
クルンテープ橋からプラ・ピンクラオ橋までが前半とするなら、ここから北のノンタブリーまでは後半となるでしょう。
工場などが続き、殺風景ともいえますが、ウィスキーやビールの工場など、タイの労働者たちといっしょに朝夕に川を北上していくのもまたいいものかもしれません。


プラ・ピンクラオ橋からクルントン橋への光景は殺風景です。
左手にメコン・ウイスキーの醸造所があります。
右手に見える白塗りの美しい礼拝堂がワット・ラチャティワットです。
ラマ4世が若かりし頃、ここで修行を積んだのです。
クルントン橋の手前がリバーサイド・プレイスで、ショッピングセンターやレストランがあります。


クルントン橋からラマ6世橋までの川沿いにはシンハ・ビールの製造工場が見えます。
シンハ・ビールはタイでは最も一般的なビールです。
旅行中に何度かお目にかかり、喉を潤してくれることでしょう。


ラマ6世橋からパークレットまでは、まずはノンタブリーまで北上し、終着駅まで行きます。
朝夕のラッシュ時にはもっと北のパークレットまで行きます。


陸上の渋滞と喧騒にほとほとうんざりしてしまう人も多いことでしょう。
このエクスプレス以外にも、水上タクシーなどもあります。
ただ英語がほとんど通じないのが難点です。

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

タイの農民芸能と民話伝承のカーオソーやモーラム

農民は農閑期にお祭りを楽しみます。
北タイ、東北タイのラオ(ラオス)系のタイ人が宴会の席でカーオソーやモーラムという芸能を楽しみます。
カーオソーというのは、歌語りです。
またモーラムというのは、歌芝居です。


タイの古典舞踊では、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」をタイ風にアレンジした「ラーマキエン」が上演されますが、タイ独自の伝統的な民話もあります。
「クンチャーン・クンペーン」です。
口承の形で伝えられ、ラーマ二世が宮廷詩人に命じて記録させたといわれます。


タイでは、古典舞踊以外にも即興歌劇のリーが盛んです。
もとはマレーシアから伝来したもので、祭りの余興として寺院や広場で演じる姿をしばしばみかけます。
古典的な型を踏まえながらも、自由で活発な動きが特徴です。
気軽に楽しめる雰囲気が魅力です。
社会や有名人を題材にした風刺劇であることが多いです。


また、民俗舞踊は地方色が豊かなのも特徴です。
中央部、北部、南部、東北部の4つの地方で独特の味があります。
北部のダンスは、長い付け爪をして優雅に舞うのが特徴です。
一方、南部の舞は、インドネシアなどの近隣諸国の影響を受けています。
東北部の舞は単純で軽快な型の踊りです。
地域によって衣装もそれぞれ異なります。
最も人気があるのは、ラム・ウォンです。
日本でいう盆踊りと言った感じでしょうか。
ラムは踊り、ウォンは輪を意味します。
簡単な型を繰り返すところなど、盆踊りに似ています。
旅行中に踊っている人たちの輪を見かけたら、いっしょに輪に加わってみてはどうでしょう?

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

チャオプラヤー川南から北に向かいます

陸上の渋滞を尻目に、チャオプラヤー川をボートですいすいと進むのはとても気持ちがいいものです。
チャオプラヤー・エクスプレス・ボート(ルア・ボウアン)上からみた、チャオプラヤー川の両岸の景色を観光名所である中心部までたどってみましょう。


ボートはチャオプラヤー川の南から北へと進みます。
進行方向に右手が川の東、バンコク側です。
そして左手が川の西、トンブリー側になります。
ボートは、南はバンコク市内のクルンテープ橋から、北は隣接する県のノンタブリーまで、さらに朝夕のラッシュ時にはもっと北のパークレットまで進みます。


クルンテープ橋からタークシン橋まで一帯には、列国の帝国主義時代にキリスト教が上陸したさいの伝道者や信者がつくった教会が点在します。


そしてタークシン橋からラマ1世橋までの間の川沿いにはフランス大使館が建っています。
このあたりは、かつて海外文化が流入したところだけあって、モダンな建築物が並びます。
水上警察は、19世紀に建てられた旧税関事務所ビルを利用しています。
さらに北へ進むと、まもなく木造の建物が軒を連ねています。
チャイナタウンの街並みです。


ラマ1世橋からプラ・ピンクラオ橋までは観光の名所が続きます。
ラマ1世橋を越えてすぐ左側は、キリスト教ポルトガル人の居住地だったところです。
その中心には、聖クルーズ教会の聖堂が見えます。
やがて右手には木造建築が見えてきます。
これはチュアクランポン王子の住まいとして造られました。
1909年にイタリア人の建築家によって建設されたとあって、美しい建物です。
王宮に近づいてくると、チャクリー・マハ・プラサート宮殿の真横に、王室御用船専用船着場が見えてきます。
そして、外側に掘り込まれた美しいレリーフが金色に輝き、鮮やかな紅色が映えているのが仏教図書館です。


テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

タイ旅行に欠かせない、水上マーケット

「東洋のベニス」と呼ばれるバンコクですが、バンコクには網の目のような運河が張り巡らされています。

バンコクの交通渋滞はすごいものがあります。バンコクに行ったら、陸上の渋滞を尻目に運河めぐりを楽しんでみてはどうでしょう。
また、小舟で果物を打っている水上マーケットを見学するのも楽しいものです。


水上マーケットで有名なのは、バンコク市内のワット・サイです。ツアーなどで市内観光をした場合に立ち寄る観光先はワット・サイです。

しかし規模としては、市の南西110キロメートルのダムナン・サドアクの水上マーケットのほうが大きいです。
ここはラーマ4世時代のクロン(運河水路)を利用して発展したマーケットです。

市場としての側面はもちろんですが、そこで泳ぐ子どもたちや洗濯をする母親の姿など、地元の人たちの生活の舞台としてのマーケットの存在の一面を窺うことができます。生活の一部だということがよくわかると思います。

マーケットが賑わうのは、午前6時から10時ごろです。
船上で手際よく料理を作っている女性を見ることができますよ。


バンコクの運河は、チャオプラヤー川の右岸の体系が1860年代に完成され、左岸の運河体系は1880年代以降1920年代に完成されました。

1980年代後半からの工業化の波のなか、運河体系をとりまく景観は変わりつつありますが、バンコクに網の目のように張り巡らされた運河は、渋滞が激しい陸上交通に辟易している人にとっての救世主です。


舟が止まるたびに上陸して、寺や名所をめぐり、タラート(市場)で果物を買いながらチャオプラヤー川を北上し、帰りも舟で下ります。
途中、渡し舟でワット・アルン(暁の寺)によるのもお勧めです。

せひ、観光旅行であまり行かない、本当のタイを感じることのできるダムナン・サドアクに行ってみてくださいね♪


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

タイ旅行で観光したい観光箇所、口コミランキング、ベスト10

タイに行ってどこに行きたい、どこを訪れたい、という日本人の方たちの人気タイ観光都市ランキングをご紹介しますね♪


タイ旅行の魅力は、その王朝の歴史と、自然のままの美しい海です。
歴史的な町並みを歩くと共にリゾートとしてのタイを満喫するための10のベストポイントを挙げてみました。


1.チェンマイ
2.バンコク
3.ホア・ヒン
4.サムイ島
5.プーケット島
6.チェンライ
7.スコータイ
8.アユタヤー
9.パタヤ
10.ラヨーン

では、簡単に各都市を説明します。


1.チェンマイ
古都チェンマイは、タイ北部の中心で、バンコクに次ぐ第2の都市です。
旧市街の寺院のほか、毎夜賑わうナイト・バザールも見所です。

2.バンコク
庶民のエネルギーが溢れる首都です。
観光、ショッピング、食べ歩き・・・楽しさはあなた次第です!

3.ホア・ヒン
バンコクから近いことから、週末を過ごすのに手ごろなリゾートとして人気です。
王室の避暑地として知られています。

4.サムイ島
素朴な自然が今も残るムード溢れる島。
チュエン・ビーチに寝転んでいるだけ・・・それこそが究極の癒しです!

5.プーケット島
アンダマン海に浮かぶプーケットの景観のすばらしさには息を呑みます。
タイだけでなく、東南アジアきってのマリンリゾートです。

6.チェンライ
ミャンマー、ラオスと国境を接するタイの最北部の地です。
メコン川の開発によって街の様相が刻々と変化しつつあります。

7.スコータイ
スコータイは、タイ人による史上初の国家の王都として隆盛を極めた歴史を持つ街です。
その遺跡は、スコータイ遺跡公園として観光スポットとなっています。

8.アユタヤー
アユタヤー王朝の繁栄400年あまりの歴史の数々が残る街です。

9.パタヤ
ビーチ・リゾートとしての歴史はタイ最古といわれます。
ネオンのきらめく夜の繁華街は怪しげな魅力を放ちます。

10.ラヨーン
新たなリゾートとして注目されています。
サメット島への玄関口としてもしられ、ドリアンの産地としても有名です。


それぞれのタイの観光地の有名な観光場所の入場料などの詳細はまたゆっくりお伝えしますね。

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。