Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行で必要な生活習慣と基本のマナー

タイ旅行を決めたら、タイの土地について基本的な知識や生活習慣についてもきちんと踏まえておきたいものです。郷に入れば郷に従えです。

特に海外旅行などでは、気候の差や風習、マナーなど、情報不足や誤った情報が事故を招いたり、現地の人とのトラブルへと発展することがあります。
事前に知ってさえいれば防げるトラブルが多いのです。というより絶対してはいけないことがあります。

たとえば、タイでは、かわいい子どもを見ても・・・よしよしと頭を撫でたりすることはご法度です。
タイでは、人の頭は神聖なものなのです。人の頭に触れたり、頭越しに何かを手渡すようなまねをしてはいけません。

また、左手や足の裏は不浄です。左手でものを渡すのはご法度。私もよくやりそうになりますがこれはだめです。特に私のような左利きの方は無意識にやってしまうので注意してくださいね。
足でものを指し示す、ましてや足をタイ人に向けて寝転ぶなど・・・許されません。

そしてタイ人は普通、握手をしません。
あいさつはお祈りをするように両手を胸の前で合わせて軽くお辞儀をします。
といってもビジネスシーンではもちろんしますけどね。

女性にとっては理不尽に思えることもあるかもしれませんが、タイの仏教は女性に対して特に厳しいです。
女性が僧侶に触れることは許されません。
列車でもバスでも、飛行機でも、生活シーンのどこでも僧侶は女性の隣の席を避けます。
通路側もまず避けるでしょう。
これは女性に触れないように、という配慮からです。
列車では、通常、車内の一画が区切られていて僧侶用の席にあてられています。
バスでは最後部が僧侶用の座席です。

食事に関して、テーブル・マナーも周囲の人に不快な思いをさせないよう、基本的なことは押さえておきましょう。
タイ料理では、基本的にスプーンとフォークを用います。
利き手にスプーン、反対の手にフォークをもって食べます。
スプーンはナイフ代わりにも用います。
麺類は箸とれんげで食べます。
食器は手で持ちません、汁物もスプーンやれんげですくいます。

どうでしょうか?日本との生活習慣の違いをわかっていただけましたでしょうか。基本的にここに書かれていることに注意していただければ、トラブルになることは避けられますの。じっくり読んで理解してくださいね。
スポンサーサイト

テーマ:タイ・パタヤ - ジャンル:旅行

タイ旅行で知っておきたい年中行事

今回は具体的にタイの年中行事についてお調べした結果をお伝えします。
外国を旅行中にその国の祝日やお祭りなどに遭遇すると、博物館や美術館などが休館になってしまったりと、マイナス面もあるのですが、普段の生活ではない現地の人たちの「非日常」を垣間見ることができるチャンスでもあります。


タイの国民の祝日や年中行事には次のようなものがあります。
仏教や、月の満ち欠け、季節の変化に関係しているものが多いですね。


タイの国民の祝日
1月1日   元日
2月満月の日   マカプーチャ
4月6日   チャクリの日
4月12~14日   ソンクランの日
5月5日   戴冠記念日
5月満月の日   ヴィサカブーチャ
7月満月の日   アサラハブーチャ
8月12日   女王陛下誕生日
10月23日   チェラロンコーン大王の日
12月5日   国王誕生日
12月10日   憲法記念日
12月31日   大晦日


●ソンクラーン(4月13~15日)
タイのバラモン陰暦の新年にあたります。
「水かけ祭り」とも呼ばれ、3日間続きます。
タイの若者たちは家族、友人同士で水をかけ合います。
道で人を見るとかけるということも!もともとは来るべき耕作期に十分な雨の恵みを受けられることを願って行われるものなので・・・水をかけられても怒ってはいけません!

●ローイ・カトン(11月の満月の夜)
ローイ・カトン(灯篭流し)は、陰暦12月の満月の夜に、川や池にバナナの葉や紙で蓮の花や船などの形のカトン(灯篭)を作り、ろうそくや線香を立てて、なかにコインを入れて流します。
この日は、各所で花火が打ち上げられ、チャオプラヤー川沿岸やルンピニー公園の池では灯篭を流す多くの人たちの姿を見ることができます。

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

タイ旅行でかかりやすい病気のことを、

日本と気候の違う、タイ。
海外旅行先で病気になることが一番無駄なこと。
医療費は日本に比べて高額だし、時間はとられるし、病院行って診察受けて、薬をもらう。せっかくのタイ旅行が台無しです。

そうならないために予防は本当に大切なことです。今回はせっかくのタイ旅行が台無しにならないように気をつけなければならないことをお伝えしますね。

タイの熱帯性の気候に慣れない日本人にとって、自分でも気づかないほど身体に負担をかけていることを自覚しておくことが大切です。
しかも高温多湿の気候条件は、コレラ、マラリア、赤痢といった、伝染病になる可能性があります。
心配性の方は出発前に予防接種を受けておくか、医師に相談して抗生物質を入手しておくのも手です。

まず、気をつけたいのは、下痢です。
下痢になったら、薬局で薬を購入し、それでもおさまらないときは病院へ行きましょう。
薬局は、バンコク市内ならいたるところに見つかります。
ただし、街角の薬局では薬剤師の免許なしで薬を販売しているところがあるので、大型のデパートの薬コーナーにするのが無難です。何とそこでは日本の正露丸が手に入ります。初めて見た時は本当にびっくりしました。
でもこれはあくまでも緊急の場合です。できれば一般的な薬は日本で購入し持っていきましょう。

もし残念なことに病気にかかって治療しなければならなくなった場合、タイの病院は国立と私立に大別されます。
国立病院は待ち時間がかなり長いうえ、予算不足で施設も、医師の数も不足しています。
私立病院へ行く法をお勧めします。

タイの私立病院の医療は東南アジアではグンを抜いていますから、安心して大丈夫ですよ。
私立病院は年中無休の24時間体制をとっています。


保険に加入している人は、保険会社の緊急連絡先に電話しましょう。
現地のアシスタント・サービスにつないでくれたり、提携病院を紹介してくれたりすることがあります。出発前に緊急連絡先を控えておくことを忘れずに! 

そのほか、これは基本的なことですが、生水は口にしないことを徹底しましょう。
腸チフスやウィルス性肝炎(A型)は経口感染です。
マラリアは蚊によって媒介されます。
蚊取り線香や防虫スプレーも持参したほうがいいと思います。

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

タイ旅行に関しての情報収集をどうする?

あなたは海外旅行に行く前にどのような方法で以前に情報を入手しますか?
どの国に海外旅行するにしても正確で、十分な情報をもって行ってほしいと思います。
それがトラブルを事前に防ぐことにもなります。危険から身を守ることにもなります。

まず、日本での情報収集は、タイ国政府観光庁(TAT)と(社)日タイ経済協力協会(JTECS)が頼りになります。
それでは詳しく説明しますね。


●タイ国政府観光庁(TAT)

タイ国政府観光庁(TAT)は、東京、大阪、福岡にあります。
タイ国内線飛行機や列車の時刻表のほか、地図やホテルのリストももらえます。
イベントなどの最新資料も用意されています。
資料は窓口で請求します。
無料です。
遠方の人は郵送で送ってもらうこともできます。


●(社)日タイ経済協力協会(JTECS)
「JTECS友の会」は年会費を支払うことで誰でも利用できます。
年会費は学生が3000円、一般は5000円です。
年4回の機関紙が送られてきます。
セミナーや交流パーティなどの催しに割引料金で参加できます。
タイ語講座やタイ舞踊講座も開かれているので、タイの魅力に取り付かれてしまった!という人は、タイを訪れる前にも、そして帰国してからも参加してみるといいでしょう。



タイの現地に行ってからは、タイ政府観光庁(TAT)サービス・オフィスが頼りになります。
バンコク市内のほか、主要な空港および全国22都市にオフィスがあります。
英語可能なスタッフが常駐していますので、町を歩く前にまず立ち寄って、相談してみるといいでしょう。
英語の地図やパンフレットが用意されています。


その他、バンコクなどでは、旅行社向けの月刊誌(『Super Guide』)のほか、日系のスーパー、デパート、ホテルのインフォメーションでは無料の日本語パンフレットが置いてあります。

旅行会社のパンフレットからもいろいろな情報が得られます。ただし、いいことばっかり書いてあるのですべてうのみにせずに、イメージをつかむことぐらいでいいのではないでしょうか。

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

タイ総合情報

訪問する国々には国々特有の習慣や慣習、タブーなどが存在します。そのルールを守りながら楽しいタイ旅行をしていただきたいと思います。

外国を訪れる際には、少なくともその国の基本的な情報は押さえておきたいですよね、それは自分の身の安全を守るためでもあり、かつその国に短期とはいえ滞在させていただく礼儀でもある気がします。
そこで暮らしている方々の生活の邪魔をすることだけは避けたいものですよね。



タイの基本的な情報

●正式名称 タイ王国
●面積 51万3000平方キロメートル
●言語 公用語はタイ語
●宗教 国民の約94パーセントが仏教徒、約4パーセントがイスラム教徒、その他キリスト教徒など。

●気候 熱帯性気候。
中央から北部にかけては熱帯サバンナ気候に属し、南部は熱帯モンスーン気候です。

年間平均気温27~28度。
26度を下回ることはありません。
湿度もかなり高いため、1年を通して半そでのシャツ1枚で過ごせる気候です。
(タイのある人が言いました! 「冬服?持ってないなああ・・・」)
1~2月・・・乾季。
3~5月・・・暑季。
6~10月・・・雨季。
雨季には1日1時間ほどのスコールがあります。


●交通 東京-バンコク間の空路は約6時間。

バンコク市内には地下鉄や市電がないため、主な交通手段はバスか車となります。
チャオプラヤー川の船も利用できます。

スコータイは、バンコクの北約430キロです。
バスでおよそ6時間です。

アユタヤは、バンコクの北約80キロです。
鉄道、バスともにバンコクから約1時間です。

チェンマイは、バンコクの北約700キロです。
飛行機で1時間、バスでは約10時間、鉄道は急行で14時間弱です。

●主な博物館 
国立博物館・・・王宮から徒歩5分。
国中から集められた美術品が時代を追って展示されています。

国立美術館・・・王宮から徒歩10分。
タイ国内外の現代美術や寺院壁画の模写などを展示しています。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。