Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーチャルタイ旅行、チャオプラヤー川南方面

タイの交通渋滞のすごいことは何度も何度もお伝えしていますよね。

逆に陸上の渋滞を尻目に、チャオプラヤー川をボートですいすいと進むのはとても気持ちがいいものです。

チャオプラヤー・エクスプレス・ボート(ルア・ボウアン)上からみた、チャオプラヤー川の両岸の景色を観光名所である中心部までたどってみましょう。

乗った気になって読んでみてくださいね。

ボートはチャオプラヤー川の南から北へと進みます。
進行方向に右手が川の東、バンコク側です。

そして左手が川の西、トンブリー側になります。
ボートは、南はバンコク市内のクルンテープ橋から、北は隣接する県のノンタブリーまで、さらに朝夕のラッシュ時にはもっと北のパークレットまで進みます。

クルンテープ橋からタークシン橋まで一帯には、列国の帝国主義時代にキリスト教が上陸したさいの伝道者や信者がつくった教会が点在します。

そしてタークシン橋からラマ1世橋までの間の川沿いにはフランス大使館が建っています。
このあたりは、かつて海外文化が流入したところだけあって、モダンな建築物が並びます。
水上警察は、19世紀に建てられた旧税関事務所ビルを利用しています。

そして北へ進むと、まもなく木造の建物が軒を連ねています。
ここがチャイナタウンの街並みです。

そして、ラマ1世橋からプラ・ピンクラオ橋までは観光の名所が続きます。
ラマ1世橋を越えてすぐ左側は、キリスト教ポルトガル人の居住地だったところです。
その中心には、聖クルーズ教会の聖堂が見えます。

やがて右手には木造建築が見えてきます。
これはチュアクランポン王子の住まいとして造られました。
1909年にイタリア人の建築家によって建設されたとあって、美しい建物です。
王宮に近づいてくると、チャクリー・マハ・プラサート宮殿の真横に、王室御用船専用船着場が見えてきます。

そして、外側に掘り込まれた美しいレリーフが金色に輝き、鮮やかな紅色が映えているのが仏教図書館です。

どうですか、まぶたに浮かんできましたか?

もうこれで、タイまでわざわざ行かなくてもいいですね。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

タイ旅行にかかせない交通手段の渡し舟

かつて「東洋のベニス」と呼ばれたバンコクには、まさに網の目のように運河が張られています。

都市の発展と共に、一時期、廃れ、埋めたてられる運河が相次いだこともありましたが、現在、陸上の渋滞にますます拍車がかかるなか、もう一度水上交通を見直す動きが出ています。このことは以前にもお伝えしたと思います。

チャオプラヤー川を南北に走るボートが、チャオプラヤー・エクスプレス(ルア・ポウアン)であるのに対し、チャオプラヤー川を横断する渡し舟を「クロス・リバー・フェリー(ルア・カム・ファーク)」と呼びます。

川の東側のバンコ側と西側のトンブリー側を結ぶ橋は、クルンテープ橋、タークシン橋、メモリアル橋・・・などですが、まだまだ少ないのが実状です。
それを補って活躍するのがこの渡し舟です。

運航は、日の出から日没、ときわめていいかげん。まぁ~そこがタイのいいところなんですが・・・。

陸上交通で対岸に渡るにはかなりの時間がかかることから、非常に頼りになる交通手段です。

料金は、1バーツで、乗船前または乗船後に乗務員に支払います。

この渡し舟の有効な使い方は、川の東側のワット・ポー(涅槃仏寺)から西側のワット・アルン(暁の寺)へ渡るウートをとるときです両方とも、バンコク観光には欠かせない要所です。両者はちょうどチャオプラヤー川を挟んだ対岸に位置します。

ワット・ポー近くの船着場ター・ティアンからワット・アルンへの渡し舟が出ています。これを使わない訳にはいきません。

必ず利用してくださいね。

また、同じく東側の王宮の対岸にあるのが、西側のワット・ラカンです。
ラカンとは「鐘」の意味です。

朝夕の6時に寺院の鐘が鳴らされることからこの名前がつきました。
金色に輝くワット・ラカンの本尊を見るのにも渡し舟は活躍しそうです。

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。