Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイにおける仏教の重要性

日本では無宗教のかたが多いのですが、タイにおいて仏教は非常に重要な意味を持ちます。

タイには3万以上の寺院があります。
お寺がみんなの寄進によって建立され、小さな村でも必ずと言っていいほど寺があります。

寺は、村の人たちにとって教育の場所であり、技術や知識を伝える、まさに昔の日本の寺子屋のような存在です。
また村人の集会所としての社会的な役割も担っています。

タイ僧団をサンガといいます。
サンガの最高位はソムデットです。

6人から8人のソムデットのなかからサンガ王が互選されます。
ソムデットはタイ社会において絶大な影響力を持ち、重要な儀式の日程など、僧侶に相談して決めるという人も多いのです。

タイの朝のおなじみの光景は、黄衣をまとい、黒い鉢をもちながら早朝の町を托鉢する僧侶の姿です。
人びとは食料や生活用品をその鉢に入れて施しをします。

タイにおいて、人は、両親の恩義に報い、両親の徳をわけるために自分が徳を積みます。
タイで徳を積むことを「タム・ブン」といいます。

徳は、自分が僧侶になることで、あるいは早朝の托鉢をする僧侶に施しをすることで、さもなければ寺に寄進をすることによって、徳が積まれます。


早朝、まだ暗いうちから人びとは僧侶たちが来るのを自分の家の門の前で待ちます。
山吹色の衣をまとった僧侶が大きな鉢を抱えて歩いてくると、その鉢に施しをいれ、感謝の意を表す、ワイをします。

ワイというのは、合掌するタイ式のあいさつです。
くれぐれも間違えてはいけないのは、ワイをするのは、施しをした庶民のほうだということです。
ワイをされた僧侶は、ワイを返さないのがふつうです。


施しをさせていただき、徳を積むことができたことを、施しをした側が感謝するのです。


決して、施しをされても横柄な態度をとっているわけではないですよ
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

タイの代表的料理、トムヤン・クンなどのご紹介

タイ料理というとみなさんは何を浮かべるでしょう。
タイ料理というと「辛い!」と考える人が多いかもしれませんね。

確かにタイ料理の基本は唐辛子ですから辛い料理が多いのは事実です。
辛いのが苦手な方は汗は吹き出る、味はわからないってことになってしまうと思います。

ゲーン・キャアウ・ワーンというのは、そのまま直訳すると「甘い緑色のスープ」です。
ココナツミルクをベースにしたタイ式カレーです。
名前だけ見ると甘い緑の?甘い????

これが・・・実はものすごく辛いのです
全然平気!という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・♪


タイ料理のなかでもことに代表的に有名なのが、トムヤム・クンですね。

トムヤムとは、レモングラスというハーブの一種をベースにした、すっぱくて辛いタイ式スープ全般に用いられる名前です。
トムとは煮る、ヤムとはサラダのように和えるということを意味します。
トムヤムは色々混ぜて煮たということです。

これにそれぞれの材料の名前をつけて・・・クンはエビなので、エビの入ったすっぱくて辛いスープ「トムヤム・クン」です。

魚をメインにすれば「トムヤム・プラー」です。
「プラー」とは魚を意味します。

鶏肉をメインにすれば「トムヤム・ガイ」です。
ガイは鶏肉を意味します。

和え物のサラダ「ヤム」は、イカやエビなどの魚介類を和えたものや、牛肉を入れたもの(「ヤム・ウンセン」)など、さまざまです。

さっぱりしているけれども激辛!なのが、春雨サラダの「ヤム・ウンセン」です。
青いパパイヤを千切りにして和えた辛口サラダの「ソム・タム」は是非、試してみたい一品です。


ところで、タイはコショウが世界的に有名です。
バンコクでコショウを買うなら、タイラート(市場)でキロ単位で購入してみてはどうでしょう?ちょっと変わったお土産になりますよ。

プリック・タイ・オーンは「生コショウ」です。
これをイノブタの肉「ムー・パー」と炒めた「ムー・パー・プリック・タイ・オーン」は、タイ料理の醍醐味を味わえる一品といわれます。

今度は、一度タイ料理をご家庭で作ってみても面白いのではないでしょうか。

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。