Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行の交通手段、チャオプラヤー・エクスプレス

バンコクに行くとその交通渋滞の多さに驚かされます。

バンコクは、その昔、「東洋のベニス」と呼ばれていたほど、市内には網の目のように運河が発達していました。しかし、都市の発達と共にその多くは埋め立てられていきました。
しかしバンコク市内の陸上交通の渋滞が並ではないことから、現在、再び、水上交通が注目され始めています。


チャオプラヤー・エクスプレス

チャオプラヤー川を南北に走るボートです。
北はノンタブリー県から南はバンコク市内のクルンテープ橋までの間を運航しています。

朝夕のラッシュ時には、陸上の渋滞を見ながらすいすいと走るのは気持ちのよいものです。
運行時間は6:00~18:30くらいです。
列車と同様、特急、急行、普通があり、それぞれ停車する船着場が違います。

料金は、ゾーン制になっていて、同一ゾーン内なら4バーツ,2ゾーンで6バーツ、3ゾーンで8バーツ、またさらに北にノンタブリー~パークレット間は特別で6バーツです。
特急、急行船は1バーツ加算です。

赤または緑の旗、2色の旗、黄色の旗を掲げているのが、特急や急行船です。
2色の旗を掲げているのは、10バーツの均一料金制、黄色のものは15バーツまたは30バーツです。

たとえば、ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)や王宮のあるター・チャンという船着場には、特急、急行、普通のすべてが停まりますが、そのひとつ南側へいった手前のター・ティアンという船着場に停まるのは普通だけです。

切符の購入は、船着場によって異なり、乗船前に券買所で買う場合と、乗船後に乗務員から買う場合があります。

船には、船の後部から乗り、検札があります。

タイ旅行には便利なチャオプラヤー・エクスプレスにぜひ乗ってみてくださいね。
スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。