Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行にかかせない交通手段の渡し舟

かつて「東洋のベニス」と呼ばれたバンコクには、まさに網の目のように運河が張られています。

都市の発展と共に、一時期、廃れ、埋めたてられる運河が相次いだこともありましたが、現在、陸上の渋滞にますます拍車がかかるなか、もう一度水上交通を見直す動きが出ています。このことは以前にもお伝えしたと思います。

チャオプラヤー川を南北に走るボートが、チャオプラヤー・エクスプレス(ルア・ポウアン)であるのに対し、チャオプラヤー川を横断する渡し舟を「クロス・リバー・フェリー(ルア・カム・ファーク)」と呼びます。

川の東側のバンコ側と西側のトンブリー側を結ぶ橋は、クルンテープ橋、タークシン橋、メモリアル橋・・・などですが、まだまだ少ないのが実状です。
それを補って活躍するのがこの渡し舟です。

運航は、日の出から日没、ときわめていいかげん。まぁ~そこがタイのいいところなんですが・・・。

陸上交通で対岸に渡るにはかなりの時間がかかることから、非常に頼りになる交通手段です。

料金は、1バーツで、乗船前または乗船後に乗務員に支払います。

この渡し舟の有効な使い方は、川の東側のワット・ポー(涅槃仏寺)から西側のワット・アルン(暁の寺)へ渡るウートをとるときです両方とも、バンコク観光には欠かせない要所です。両者はちょうどチャオプラヤー川を挟んだ対岸に位置します。

ワット・ポー近くの船着場ター・ティアンからワット・アルンへの渡し舟が出ています。これを使わない訳にはいきません。

必ず利用してくださいね。

また、同じく東側の王宮の対岸にあるのが、西側のワット・ラカンです。
ラカンとは「鐘」の意味です。

朝夕の6時に寺院の鐘が鳴らされることからこの名前がつきました。
金色に輝くワット・ラカンの本尊を見るのにも渡し舟は活躍しそうです。

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thailandryokou.blog21.fc2.com/tb.php/17-25b11b0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。