Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行に欠かせない、水上マーケット

「東洋のベニス」と呼ばれるバンコクですが、バンコクには網の目のような運河が張り巡らされています。

バンコクの交通渋滞はすごいものがあります。バンコクに行ったら、陸上の渋滞を尻目に運河めぐりを楽しんでみてはどうでしょう。
また、小舟で果物を打っている水上マーケットを見学するのも楽しいものです。


水上マーケットで有名なのは、バンコク市内のワット・サイです。ツアーなどで市内観光をした場合に立ち寄る観光先はワット・サイです。

しかし規模としては、市の南西110キロメートルのダムナン・サドアクの水上マーケットのほうが大きいです。
ここはラーマ4世時代のクロン(運河水路)を利用して発展したマーケットです。

市場としての側面はもちろんですが、そこで泳ぐ子どもたちや洗濯をする母親の姿など、地元の人たちの生活の舞台としてのマーケットの存在の一面を窺うことができます。生活の一部だということがよくわかると思います。

マーケットが賑わうのは、午前6時から10時ごろです。
船上で手際よく料理を作っている女性を見ることができますよ。


バンコクの運河は、チャオプラヤー川の右岸の体系が1860年代に完成され、左岸の運河体系は1880年代以降1920年代に完成されました。

1980年代後半からの工業化の波のなか、運河体系をとりまく景観は変わりつつありますが、バンコクに網の目のように張り巡らされた運河は、渋滞が激しい陸上交通に辟易している人にとっての救世主です。


舟が止まるたびに上陸して、寺や名所をめぐり、タラート(市場)で果物を買いながらチャオプラヤー川を北上し、帰りも舟で下ります。
途中、渡し舟でワット・アルン(暁の寺)によるのもお勧めです。

せひ、観光旅行であまり行かない、本当のタイを感じることのできるダムナン・サドアクに行ってみてくださいね♪


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thailandryokou.blog21.fc2.com/tb.php/24-8c524dca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。