Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行でかかりやすい病気のことを、

日本と気候の違う、タイ。
海外旅行先で病気になることが一番無駄なこと。
医療費は日本に比べて高額だし、時間はとられるし、病院行って診察受けて、薬をもらう。せっかくのタイ旅行が台無しです。

そうならないために予防は本当に大切なことです。今回はせっかくのタイ旅行が台無しにならないように気をつけなければならないことをお伝えしますね。

タイの熱帯性の気候に慣れない日本人にとって、自分でも気づかないほど身体に負担をかけていることを自覚しておくことが大切です。
しかも高温多湿の気候条件は、コレラ、マラリア、赤痢といった、伝染病になる可能性があります。
心配性の方は出発前に予防接種を受けておくか、医師に相談して抗生物質を入手しておくのも手です。

まず、気をつけたいのは、下痢です。
下痢になったら、薬局で薬を購入し、それでもおさまらないときは病院へ行きましょう。
薬局は、バンコク市内ならいたるところに見つかります。
ただし、街角の薬局では薬剤師の免許なしで薬を販売しているところがあるので、大型のデパートの薬コーナーにするのが無難です。何とそこでは日本の正露丸が手に入ります。初めて見た時は本当にびっくりしました。
でもこれはあくまでも緊急の場合です。できれば一般的な薬は日本で購入し持っていきましょう。

もし残念なことに病気にかかって治療しなければならなくなった場合、タイの病院は国立と私立に大別されます。
国立病院は待ち時間がかなり長いうえ、予算不足で施設も、医師の数も不足しています。
私立病院へ行く法をお勧めします。

タイの私立病院の医療は東南アジアではグンを抜いていますから、安心して大丈夫ですよ。
私立病院は年中無休の24時間体制をとっています。


保険に加入している人は、保険会社の緊急連絡先に電話しましょう。
現地のアシスタント・サービスにつないでくれたり、提携病院を紹介してくれたりすることがあります。出発前に緊急連絡先を控えておくことを忘れずに! 

そのほか、これは基本的なことですが、生水は口にしないことを徹底しましょう。
腸チフスやウィルス性肝炎(A型)は経口感染です。
マラリアは蚊によって媒介されます。
蚊取り線香や防虫スプレーも持参したほうがいいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thailandryokou.blog21.fc2.com/tb.php/3-03b944d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。