Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ舞踊のきらびやかな衣装と音楽

きらびやかな衣装に包まれた踊り手が舞う夢のようなひと時、タイを訪れたなら、古式ゆかしいタイ舞踊を是非、鑑賞していただきたいと思います。
タイでは、王宮の方々から一般の庶民まで、タイ舞踊は広く親しまれています。
タイ北部、中部、南部でそれぞれ衣装や踊りも異なります。

タイ舞踊は、まず基本舞踊68種を覚えることから、始まります。
タイでは幼少の頃から教育に舞踊が組み込まれることがあります。
中学校、高校でも舞踊を教育に取り入れています。


基本の68種は、そのひとつひとつに喜び、悲しみ、怒りといった意味が込められています。
また興味深いのは、その型のそれぞれにつけられた名前です。
たとえば、「花にとまる蜂蜜」といった具体的なイメージを彷彿されるような名前なのです。

タイ舞踊の舞踏家を志す人は、これらを幼い頃から身体にしみこませ、10年くらい稽古を重ねて初めて一人前になるといわれます。


また、舞踊劇にとってバックに流れる音楽も重要な要素のひとつです。
メロディを奏でるのは、ラナートと呼ばれる木琴や、16個の鐘がついたコンウォンヤイなどです。
太鼓やシンバル、ドラなどでリズムを打ちます。
これらで構成される音楽は、タイ情緒が溢れ、舞踊をいっそう引き立てるのです。


タイ舞踊は、国立劇場やタイランド・カルチュラル・センター、tyレームクルン・ロイヤル・シアターなどで楽しむことができます。
また、ホテルや市内のレストランでは、ディナーを楽しみながらの舞台を観ることもできることがあります。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。