Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャオプラヤー川より北を望む

バンコクの南のクルンテープ橋から、チャオプラヤー川をチャオプラヤー・エクスプレス・ボートで北上していくと、観光名所である王宮やワット・プラ・ケオなどへと陸上の渋滞を尻目にゆっくりと進むことができます。
クルンテープ橋からプラ・ピンクラオ橋までが前半とするなら、ここから北のノンタブリーまでは後半となるでしょう。
工場などが続き、殺風景ともいえますが、ウィスキーやビールの工場など、タイの労働者たちといっしょに朝夕に川を北上していくのもまたいいものかもしれません。


プラ・ピンクラオ橋からクルントン橋への光景は殺風景です。
左手にメコン・ウイスキーの醸造所があります。
右手に見える白塗りの美しい礼拝堂がワット・ラチャティワットです。
ラマ4世が若かりし頃、ここで修行を積んだのです。
クルントン橋の手前がリバーサイド・プレイスで、ショッピングセンターやレストランがあります。


クルントン橋からラマ6世橋までの川沿いにはシンハ・ビールの製造工場が見えます。
シンハ・ビールはタイでは最も一般的なビールです。
旅行中に何度かお目にかかり、喉を潤してくれることでしょう。


ラマ6世橋からパークレットまでは、まずはノンタブリーまで北上し、終着駅まで行きます。
朝夕のラッシュ時にはもっと北のパークレットまで行きます。


陸上の渋滞と喧騒にほとほとうんざりしてしまう人も多いことでしょう。
このエクスプレス以外にも、水上タクシーなどもあります。
ただ英語がほとんど通じないのが難点です。

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

«  | HOME |  »

最近の記事

タイに行きたくなったら

忘れ物はないですか?

 

サイト内容

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

おすすめリンク集

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。